祝言の儀 〜SHUGEN〜

日本伝統の神聖な祝言披露式
箱根湯本の玄関口「湯本富士屋ホテル」では、日本古来の結婚式(祝言)を新たなスタイルで再現した 『祝言の儀』 を開始いたしました。
祝言とは、人と人、家と家との結びつき、古来から日本人が大切にしてきた神聖な儀式(日本人の結婚式「祝言」)です。
位の高い武家同士の結婚披露の場とした祝宴の儀を指し、花嫁は生家で花嫁の紅を挿し、身支度を整え、
新郎の家まで嫁入り道具を担いだ男性たちと行列で向かいます。
到着後は両家親族が集まった広間で、「高砂」の唄を謡い、盃を交わし婚姻を結びます。
この日本古来の祝言の披露式を、湯本富士屋ホテルならではのスタイルで再現、確立し、
神聖なる儀式として執り行います。 
本格的な日本古来の結婚式に興味のある方、他式場では行っていないことを婚礼に取り入れたいという方、
ご両家のご縁を大切にしたい方、親の想いや感謝を大切にしたい方におすすめです。
湯本富士屋ホテルだからこそできるお二人の結婚式をご提案いたします。
 
祝言の儀
祝言の儀
祝言の儀

式場情報

収容人数 50名
会場 ホテル内神殿
音楽 雅楽生演奏
所要時間 30分
特徴 参進・神殿入場・紅挿しの儀・祝いの巫女舞・結婚報告の儀・両家固めの盃・両家祝言短冊の贈呈・桐箱紅白糸合わせの儀など 
その他演出 色直し再入場
ご両家写真撮影など
モデルスケジュール 8:30  新婦美容入り

9:30  新郎美容入り

10:00 記念写真撮影

10:30 神社へ向けホテル出発

11:45 箱根神社 挙式

12:30 神社出発

13:00 ホテル到着

    参進にてホテル内神殿へ向かいます

13:05 「祝言の儀」 開式

13:35 「祝言の儀」 閉式

14:00 披露宴 開宴

16:30 披露宴 閉宴 

一覧に戻る